2017年09月16日

ゴールデンカムイ1〜11巻(以下続刊) 野田 サトル 感想



前々から表紙とタイトルで気になってはいたのですが、漫画の中に「生き延びた土方さん」がいると聞いて即読みました。
…渋いすてきなジジ様です。

主人公の性格は、ドリフターズのお豊さんを彷彿させる、とにかく戦場で傷だらけになっても生きる男
背負った名前が不死身の杉元と呼ばれる男。
漫画の中で多くが史実に登場、もしくはそれをモデルにした人物が出るのですがこの人は舩坂弘軍曹という方がモデル??作者さんご本人は、ご自身の曽祖父がモデルとブログでおっしゃったらしいのですが、来歴や「不死身」とつくところが、この方に確かに似ている気がしました。
で、1巻の頃は杉元無茶苦茶だ…とおもっていたのですが、出てくるキャラクターキャラクター皆とにかく濃くて、主人公は無茶苦茶だけどいい人に見える…?というぐらいキ〇ガイしたいないというすごいキャラクターそろい踏みです。
あ、唯一のレギュラーヒロインアイヌの女の子は可愛いですが、食文化が違うのでミソを食べると「ウ〇コ美味しい!」と言い出したり、一番のごちそうっ食べろと親切心(?)で屠りたてのウサギの目玉を取り出して食べさせるとかすごいです。
あとは初期の頃はサバイバル術として、役立ちそうな知識色々
(ルイベの生で食べる理由とか、毎年事故があるニリンソウとトリカブトの見分け方とか)

人の皮で服を作って悦に入ったり、爺の医者が若くなるためにそこら辺の人間殺していいところだけ食べたり、しかもその医者が食べることで若く美人(女装)してたり、主人公サイドになっていたりとにかくめちゃくちゃ…
画面そのものは現実の日本なのですが、ゆがんだユーモアとクマに顔面皮膚はぎ取られるグロ描写があいまって、読む人を選ぶかもしれません今度アニメ化されるらしいのですが、楽しみな反面…
これ放送して大丈夫かしらと思うシーンが多すぎる漫画です、
12巻は2017年冬発売予定とのこと
posted by SNAO at 11:57| Comment(0) | な行の作家

2017年09月02日

ゆかりちゃん 結布

最近多いグルメ漫画で、これは一冊読み切り
(といっても続けようと思えば続けられる感じ…いやレシピがきついかな?)
原作は綱本将也
おいしそうではあるのだけれど、両頬をぱんぱんに膨らませて
「おいしい!」は毎回だとちょっと見てて違和感です。

ある日母が亡くなってしまったゆかりちゃん
料理が下手なので、当初はゆかり(しそのふりかけ)をご飯に
かけるだけだったけれど、そのゆかりで浅漬けを作ったり
お稲荷さんを作ったりと、簡単なレシピは便利です

あと、しらなかったのですが「あかり」とか青じそ版
「かおり」とかもあったのですね
実はしばらく二巻なかなか出ないなあとか思っていて
全一巻だとは気づいていませんでしたw


posted by SNAO at 20:08| Comment(0) | や行の作家

2017年08月11日

重版出来! 1から9巻(続刊) 松田 奈緒子 乾燥

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

重版出来! 9 (ビッグ コミックス) [ 松田 奈緒子 ]
価格:596円(税込、送料無料) (2017/8/11時点)



タイトルは聞いたことあるんだけど、読んだことないなあと手にした一冊、
実写ドラマになっていたらしいので、その時にタイトル耳にしたのかな?

女の子より、男の人の実際にいそうないろんなタイプの描写がうまいので
男性作家さんなのかと思ってしまうのですが、奈緒子さんですから
女性ですよね?
(最近は男性の名前で、少年誌に書いてる作家さんも多いし、
デス・ノートの大場つぐみさんも妙齢の女性かと思っておりましたよ…)

萌えや色っぽいキャラ、きゅんとくる…といういわゆる「漫画的」な
世界観ではなく、地に足がついた雰囲気の編集部漫画。
BAKUMANでは、新人作家目線の編集部がよく出てきていましたが、
それの編集部側のリアル寄りといった雰囲気です

柔道で強化選手にまでなった主人公でしたが、ケガで断念
幼いころ自分を励ましてくれた一冊の本があったように、
そういった本を作るお手伝いがしたいと、編集を希望

日本代表レベルの強さなのですが、見た目が子熊のようだと
周囲からは子熊呼ばわりされることが多い主人公は
元気をくれる……
女性版松岡修〇的に、前向きな性格です。

売れっ子作家さんの苦悩や、ベテラン作家の自分の絵が
時流に外れてしまったのではという悩み、作家デビューを
したいがばかりに、まったく自力作品を描かせてもらえず
挫折しそうになってしまう新人などなど…

編集部がどういったものを、どういった目線で売り
こんなアドバイスをくれるのかという、書き手さんにも
勉強になりそうなことが色々描かれています。

コミックの実写化はあまり好きではないのですが、
これは確かに実写にも向いていそう。
wikiで調べたら、ドラマの際に利用された原稿は
すごい有名人の方々描かれていてびっくりでした

(藤子不二雄A、河合克敏、村上たかし、のりつけ雅春、田中モトユキ、ゆうきまさみ、白川蟻ん)
…ドラマは興味ないけれど、現行部分だけ見てみたい…

この漫画を読むまで「出来」を「しゅったい」と読むとは知りませんでした
……しゅつらいって皆読むよね?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

重版出来! DVD-BOX [ 黒木華 ]
価格:17544円(税込、送料無料) (2017/8/11時点)


posted by SNAO at 22:13| Comment(0) | ま行の作家