2017年04月30日

おとりよせ王子 飯田好実 全7巻 感想


読み始めたのが5巻の発売された頃(?)ぐらいで、まだその頃は帯だか中に入っているミニチラシみたいなのに、ドラマ化情報が残っておりました。
美味しいもののドラマ化では、孤独のグルメやワカコ酒は定着しましたが、こちらは残念ながら再放送とかをみかけられず、見ておりません残念


ワカコさんや孤独のグルメの主人公は、職場にいたらそれなりに表面上のおつきあいができそうなタイプに比べ、こちらの主人公は同じ職場だったら会話中に思わず眉を顰めて【はぁ?何言ってんの】みたいなことを思わず顔に出してしまいそうなコミュ症キャラクター
ただし仕事は有能というだけあって、素晴らしい
…なんて書きましたが、この主人公の心意気にはものすごーく同意ですw

一応職場では、それなりに会話をしたり、仲良くさせてもらったりとしており、その方が快適だしイライラも少ないしというのが理由で、心の奥底では一人きりで誰とも喋らずボッチ仕事をしたいなあという本音も自分にはどこかあります
なのでその分休日は引きこもりか、もしくは昔からの付き合いの友人たちとのやり取りのみでできれば過ごしたい…(勿論その他、特別なイベントや逆に滅多にあえないからこそ大事なおつきあいとかもありますが)

そんな人間関係に疲れたのを、一部リセットさせてくれそうな品々は、見ていて「美味しそう」
しかもしかも、お取り寄せ=高価なものが多いというイメージに対し、この作品ではお手ごろ価格なものも色々紹介されております

とりあえず食べてみたいお得なものは、イカに魚卵が色々つまったものと、カニミソバター
それらの味だけでなく、簡単アレンジの方法なども紹介してくれているのが嬉しいです
ところで、この主人公のモデルは編集さんなのでしょうか?
コミックスの中にはそういった事は全然描かれていないのですが、ワカコ酒のあとがき漫画で
「担当さん=お取り寄せ王子」みたいな記述と少し主人公に似た雰囲気があったので気になっています

残念ながら7巻で終了ですが、またいつ再開してもおかしくない雰囲気でしたので、ちょこっと着たい師弟ですね
posted by SNAO at 12:51| Comment(0) | あ行の作家