2016年05月29日

サムライせんせい 黒江S介 感想

サムライせんせい [ 黒江S介 ]
価格:678円(税込、送料無料)




出版社がクロフネ(リブレ)だからか、BLとかレディース系ジャンルに並べられているのをみかけることが多いのですが、男性も普通に読めるシリアスな部分がおかしいという、コミカルです。

ありがちな時代劇タイムスリップなのですが、適当に描いてごまかしの聞く適当キャラではなく、史実の武市半平太を主役としたところは、今後の展開に期待します。

ありがちな「鉄の馬」とか「テレビにビックリ」というお約束は、お約束のおかしさがあり、現在はもう絶滅種なヤマンバギャルを、顔に泥を塗った山賊と勘違いとしたりはタイムスリップあるあるなようですが、…ヤマンバギャルは短期間の流行だから、巡り合えたらレアだよね。
(余談ですがつい先日、電車の中でヤマンバギャルをみかけて、ふぉぉまだ絶滅してないんだ!と妙な感動を覚えました)
連載いつのかなと見たところ、初出は2013年でしたので、当時ヤマンバギャルはもういなかった…ような??
地方にはいたりしたのかな?と謎ですが、あれは…現代人も理解しにくいメイクだった…

現在2巻まで発売中ですが、下記の広告を見かけたので


再来月には3巻が出るようですね

1巻で盛り上がり、2巻で「あれ?終了かな??でも1巻に出てきた曰くありげな人、ほとんど出てないよ?」ってなったのですが、そのうちの一人は登場、なんと坂本龍馬でしたと、もっとすごい人物が出てきました。
ここまではタイムスリップした主人公が、いかに現代に馴染むかの前フリっぽい印象で、今後の展開に期待です。

2015年10月…ほんの少し前にドラマ化してたのですね……坂本龍馬のイメージがそのままで、見たかったなあ残念!

サムライせんせい DVD-BOX [ 錦戸亮 ]
価格:15390円(税込、送料無料)


posted by SNAO at 13:20| Comment(0) | か行の作家
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: