2016年06月04日

ファサード16巻 感想 篠原烏童

ファサード(16) [ 篠原烏童 ]
価格:669円(税込、送料無料)




ずっと好きなのですが、何年も前から不定期に連載をされている漫画なので、書店に並んでいて初めて気がつくというパターンです。
今回は【16巻が売ってる!!】とゲットして今調べたら、17巻も売ってるのですね…
はよ読みたい

聖戦というとイスラムvsキリスト教ですが、今回は基本はこれなのに、サラディンが獅子
そしてテンプル騎士団のジャック・ド・モレー(人生の2/3は不明だけど、テンプル騎士団の最後の総長)が翼ある人という異世界設定です。
ファサードのツインの翼がうまく本文中で活用されていて、なるほどーと感心したり

日本人の宗教観からすると、キリスト教の神とイスラム教の神って同一だし、だからこそ聖地も同じなのに何故そこまで争うのか…と思いますが、神が同じで奉り方が違うっていうのは、かえってまったく違う宗教と違って妥協点がないから厳しいのかなあ
(よくアラーの神様という言い方がされますがこれは間違いです、アラーは名前ではなく「神様」という意味)

聖地は現在キリスト教のものだけど、中心にいるのは堕落した者達ばかり
異教徒であるサラディンは獣の姿をしていながら、尊敬できるエピソードが多く、また天使に間違えられているファサードが、サラディン側にいることから、モレーが動揺しているまま16巻は終了

…この動揺が、史実と同じ悲劇に繋がらぬよう祈って17巻探します
posted by SNAO at 20:26| Comment(0) | さ行の作家
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: