2017年04月16日

ヘルズキッチン全13巻  天道グミ 感想


作者さん 読みはてんどうでいいのかな
アマミチだったらすみません

全13巻と書いておりますが、実際は1部が13巻までで2部は数年経ったけど未定
かわりにスピンオフ的な作品が連載されているのだとか
(すみません そちらはまだ未読なので知りません)

1巻読み終わるまでの感想
…これネウロじゃね?→ネウロだよね→綺麗なネウロだった
(読み終わって最初にした事は ヘルズキッチン ネと入れた瞬間【ネウロ】と出てきて、同じような感想を持っている人が大勢…)
しかも肝心な料理が、超一流シェフなのに肉の周りの白いものなんて美味しいはずがない!
→素人の主人公がそれを利用して「おーいしーー!」
…えーー素人でも骨周りの肉部位美味しいし、肉の脂なんてにくづきに旨いと書いて脂なんだぜ…といいたくなるような美味しい場所なのに…
貴腐ぶどうを入れて炊いた米…?
その発想はすごいけれど、葡萄ご飯……??貴腐ってワインにはいいんだろうけど、なんか基本「うまく腐った」というイメージがあるので発酵食品とかワインとかにはいいんだけど、米に混ぜて炊いて美味しいの…?

しょうゆは百歩譲ってスイーツに利用はわかる、
海苔しょうゆのスイーツは…ちょっとどうかなあ……と色々思うところはあるのですが、グルメ漫画は基本好きなので、まあ段々とその世界観に馴染んでいきました

魔界の住人であるドS悪魔が、一番美味しい魂は超極上の料理人の魂であると、まったく料理をしたことない少年を超一流のシェフに育てるべく、色々下僕にしながら教え込んでいく…という流れなのですが、キャラクターが味が深い反面、どっかで見たことあるようなキャラだなあという印象が強い
(特に主人公にヤンデレストーカー可愛い女子とか)

鉄板的な展開、鉄板的なノリで楽しめる人向きかもです
グルメ漫画としては、さほど…
「面白いな」とは思うけれど、実際に食べてみたいなと思うものはあまりありませんでした
(っていうより、普段の味覚と異なる方向性ですごいを求めているので、グルメ漫画や小説などを読みながら行う【味を想像する】が難しい)
posted by SNAO at 00:45| Comment(0) | た行の作家
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: