2017年06月11日

Deep Water<深淵> 清水玲子 感想



この方の作品、絵が大変美しく、表紙などはずっと見ていてもあきないのですが…
どれもお話は、心の深淵をえぐるというかうわああああああと、読んだ後どっぷり底に落ちていきそうというか、心病んでるときに読んだら、一生忘れられないんじゃないかなあと言う闇で満載です。
(良くも悪くも、とにかく『嫌だ』と思うことへの描写がすごい)

月の子は暗さがあっても、普通に好きな作品ですがその後の輝夜姫で、ちょっときつい…
になり、秘密では「すごい、すごいけれど落ち込む一方になる作品読むのが辛い」となって
6巻辺りで挫折しました

今回は読みきりなのですが…やはりきつい
日常的な嫌がらせとして、病的な潔癖症の相手にツバを入ったドリンクを飲ませて、わざとそれを知らせたり(実際にそれをやっているかどうかは不明だけど、その行為の悪意のかき方がすごい)
つかまった犯人の少女が、自分は生まれ変われると信じて、新しい名前や生活を夢見てにこにこだったのに
『未成年でも極悪犯罪、しかも16歳以上は新しい名前などはない』と言われ、そこになってやっと、自分の行為を結果を思い知るとか、絵が綺麗で、登場する女の子たちが美少女で、普通に暮らしていれば、どれだけ幸せになれただろうと思わせるだけに、読み終わった後も「解決してよかったね」ではなく「うわああ…」となりました。

すごいです、でも重いです。
『秘密』シリーズが平気だった人なら、平気なんじゃないかなー


暗い、重たい、いっそもうどん底に落ち込むような心えぐる作品を読みたいというかたには、秘密シリーズとあわせてこちらを読んでみることをおすすめします
posted by SNAO at 11:01| Comment(0) | さ行の作家
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: