2017年09月16日

ゴールデンカムイ1〜11巻(以下続刊) 野田 サトル 感想



前々から表紙とタイトルで気になってはいたのですが、漫画の中に「生き延びた土方さん」がいると聞いて即読みました。
…渋いすてきなジジ様です。

主人公の性格は、ドリフターズのお豊さんを彷彿させる、とにかく戦場で傷だらけになっても生きる男
背負った名前が不死身の杉元と呼ばれる男。
漫画の中で多くが史実に登場、もしくはそれをモデルにした人物が出るのですがこの人は舩坂弘軍曹という方がモデル??作者さんご本人は、ご自身の曽祖父がモデルとブログでおっしゃったらしいのですが、来歴や「不死身」とつくところが、この方に確かに似ている気がしました。
で、1巻の頃は杉元無茶苦茶だ…とおもっていたのですが、出てくるキャラクターキャラクター皆とにかく濃くて、主人公は無茶苦茶だけどいい人に見える…?というぐらいキ〇ガイしたいないというすごいキャラクターそろい踏みです。
あ、唯一のレギュラーヒロインアイヌの女の子は可愛いですが、食文化が違うのでミソを食べると「ウ〇コ美味しい!」と言い出したり、一番のごちそうっ食べろと親切心(?)で屠りたてのウサギの目玉を取り出して食べさせるとかすごいです。
あとは初期の頃はサバイバル術として、役立ちそうな知識色々
(ルイベの生で食べる理由とか、毎年事故があるニリンソウとトリカブトの見分け方とか)

人の皮で服を作って悦に入ったり、爺の医者が若くなるためにそこら辺の人間殺していいところだけ食べたり、しかもその医者が食べることで若く美人(女装)してたり、主人公サイドになっていたりとにかくめちゃくちゃ…
画面そのものは現実の日本なのですが、ゆがんだユーモアとクマに顔面皮膚はぎ取られるグロ描写があいまって、読む人を選ぶかもしれません今度アニメ化されるらしいのですが、楽しみな反面…
これ放送して大丈夫かしらと思うシーンが多すぎる漫画です、
12巻は2017年冬発売予定とのこと
posted by SNAO at 11:57| Comment(0) | な行の作家
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: