2017年01月28日

とめはねっ! 全14巻 感想 河合克敏



少年漫画を好きになっても、「その作品が好き」となりシリーズ集めたら満足…
という事も少なくないのですが、この作家さんは一つのシリーズだけでなく、どれも好きです。

根本的にオタク腐女子なのですが、どれも好きででもどれにもBL系萌えはなくノーマルカップルの進展をどれも楽しみによんでおります(モンキーターンの時は、主人公の女癖が悪すぎたので、幼馴染の女の子にもっといい男現れないかとか思ったりしましたが)

一番に思ったのは『書道の時間とかがあった時代に、これ読みたかったなあ』
書道と習字は違う、習字は綺麗な文字を書くのが目標だが書道はいかに原本に似せられるかを問題とするみたいな一文があって、目から鱗でした。

この漫画のおかげで、少し前に高校生書道ブームが起きましたが、それだけで終わらず完結した後もぜひ学生さんに読んで欲しい一冊ですね。
少年漫画なのに、メイン(サブ的な人を入れても)として出てくる男性は5人のみ。

主人公・他校の男子二名・書道部の教師・書道会の重鎮
後はほとんど女子なのに、ライトえっち的なノリはまったくなく、ラブコメ要素もこの作者さんにしては多めだったのですが、ラッキースケベ的なものはほとんどない(あってもむしろラッキースケベというより、アンラッキースケベとしか…)女の子にも読みやすいお話だったと思います。

ヒロインの子が柔道のスーパースターということで、試合の解説やコーチに帯ギュメンバーがさりげなく出ているのも、ファンとしてはうれしいところ

書道のかな?あんなの読めるのかとか思ってたら、書いてる側の人も実は一部読めてなかったりだとか、前衛の書とか意味解らんと思っても、なんかすごいと思わせてくれたりとか、最終巻間際で主人公がとある作品を見てショックを受けるのですが(噫横川国民学校 こちらに作品の解説がありました)書道って見てもピンと来ないなあという概念を覆してくれる圧倒的な存在感のある作品でした。

雑学好きな人にも、書道に興味がない人にも楽しめる一冊です。
posted by SNAO at 22:21| Comment(0) | か行の作家

2016年12月05日

ダンジョン飯 1〜 現在3巻まで 久井諒子 感想



一昔前は一雑誌に一本…もしくは二雑誌に一本程度だった、グルメ漫画ですが、最近は一つの雑誌に複数のグルメ系漫画が載っていることも珍しくなくなってきました
そんな中、この漫画が珍しいのは…食材が通常の食料ではないこと

タイトルと表紙から、てっきりダンジョンを旅する冒険者たちが、その閉ざされた空間でいかに美味しく食べるものを得るかというお話かとおもいきや、(…いや、その解釈も間違ってなくはないのか…)ダンジョン内の敵であるスライムや動く鎧を、いかにおいしく調理するかという予想を超えたグルメ漫画でした

確かに子供の頃は、色鮮やかなスライムはゼリーに見えたり、鳥系のモンスターは食料にならないのかななんて思ってRPGをプレイしていましたが、それを「食べる」方向で検討していくこの漫画はすごいw
バジリスクの卵はへびの卵っぽいだとか、動く鎧はいっけん中が空洞だけどよく見ると貝のような生き物が隙間から操っていて、美味しく食べられそうだとか……
熱油が飛び出す罠は、唐揚げ用の油にとリサイクル

その発想はうっすらとあったけれど、実際にはなかった!といいたくなる、ちょっとおとぼけ食べたくはないけどどんな味だろうと興味を持てる、不思議なグルメファンタジーです
posted by SNAO at 20:21| Comment(0) | か行の作家

2016年05月29日

サムライせんせい 黒江S介 感想

サムライせんせい [ 黒江S介 ]
価格:678円(税込、送料無料)




出版社がクロフネ(リブレ)だからか、BLとかレディース系ジャンルに並べられているのをみかけることが多いのですが、男性も普通に読めるシリアスな部分がおかしいという、コミカルです。

ありがちな時代劇タイムスリップなのですが、適当に描いてごまかしの聞く適当キャラではなく、史実の武市半平太を主役としたところは、今後の展開に期待します。

ありがちな「鉄の馬」とか「テレビにビックリ」というお約束は、お約束のおかしさがあり、現在はもう絶滅種なヤマンバギャルを、顔に泥を塗った山賊と勘違いとしたりはタイムスリップあるあるなようですが、…ヤマンバギャルは短期間の流行だから、巡り合えたらレアだよね。
(余談ですがつい先日、電車の中でヤマンバギャルをみかけて、ふぉぉまだ絶滅してないんだ!と妙な感動を覚えました)
連載いつのかなと見たところ、初出は2013年でしたので、当時ヤマンバギャルはもういなかった…ような??
地方にはいたりしたのかな?と謎ですが、あれは…現代人も理解しにくいメイクだった…

現在2巻まで発売中ですが、下記の広告を見かけたので


再来月には3巻が出るようですね

1巻で盛り上がり、2巻で「あれ?終了かな??でも1巻に出てきた曰くありげな人、ほとんど出てないよ?」ってなったのですが、そのうちの一人は登場、なんと坂本龍馬でしたと、もっとすごい人物が出てきました。
ここまではタイムスリップした主人公が、いかに現代に馴染むかの前フリっぽい印象で、今後の展開に期待です。

2015年10月…ほんの少し前にドラマ化してたのですね……坂本龍馬のイメージがそのままで、見たかったなあ残念!

サムライせんせい DVD-BOX [ 錦戸亮 ]
価格:15390円(税込、送料無料)


posted by SNAO at 13:20| Comment(0) | か行の作家