2015年05月04日

漱石とはず語り 香日ゆら/感想


教科書で見たことある文豪や、著名人がいっぱいだった
4コマ、先生と僕全4巻は無条件で色んな人にプッシュだったのですが
こちらは……漱石ファンの方がきがる〜に読むつもりならといった雰囲気

情報量も少なく、登場人物たちへの愛着を覚えるといったほどの
エピソードもなく、でもまあ「へえ知らなかったな」というお話を
エッセイコミックとして紹介されています

先生と僕を読まずに、こちらを先に読んじゃうと夏目漱石のお話かー
程度で終わっちゃうかと思いますので、ぜひ先に読むなら先生と僕で!
個人的には先生と僕で終わっちゃったかあ…と寂しかったので、
こういった形でも新しいお話を読めたのは嬉しかったです



←読んだよ♪かわりにクリックくださると嬉しいです
posted by SNAO at 11:24| Comment(0) | か行の作家

2014年04月25日

薬学女子 北乃ブンコ/感想


【送料無料】薬学女子 [ 北乃ブンコ ]

【送料無料】薬学女子 [ 北乃ブンコ ]
価格:1,028円(税込、送料込)



現在某細胞の論文問題で、理系女子という言葉がよく使われていますが、
こちらは理系の中の、いわゆる薬剤師さんになるクラスの実話コミックです。

絵は正直、ちょっと荒いかなと思うのですが日常生活では知ることの無い
学生生活やその内容を触れることができて、変な文字だけのまとめ本よりは
よほどわかりやすいです。

薬のプロフェッショナル集団かとおもいきや、舐めなくてはいけない
トローチをついガリッと噛んじゃったりとか、眼圧を下げたいのに眼圧をあげる
目薬をうっかりつかっちゃってたりとか、身近っぽいお話が多めなのでいいですね。
(しかし目薬で眼圧なんて気にしたこと無かったけど)

他にもがんの薬ではなぜ脱毛してしまうのかとか、薬の飲み合わせ問題とか
へーそうなんだと思える内容が、書かれているので勉強になりました

すごく面白いといった、愉快さはないのですが徹底した文系の自分には
興味深い一冊です

←読んだよ♪かわりにクリックくださると嬉しいです
posted by SNAO at 16:45| Comment(0) | か行の作家

2014年01月19日

よちよち文藝部 久世番子/感想


【送料無料】よちよち文藝部 [ 久世番子 ]

【送料無料】よちよち文藝部 [ 久世番子 ]
価格:998円(税込、送料込)


この作者さんの作品、通常の少女マンガもほんわかとして
いいのですが、特に好きなのは本がらみのエッセイ漫画です

本屋さんシリーズもおすすめですが、本好きにはこの一冊も
おすすめしたい
あまりに有名すぎて、タイトルだけでなんとなく読んだ気持ちになっている
純文学を「え、実際はこんな話だったの!?」と驚かせてくれる
ネタが満載で、とても楽しめます

坊ちゃんは、たしかに読む前はさわやか青春ストーリーだと思っていたなあ(笑)
それをミクシーでやったら炎上だよね漫画は、超説得力でした
作者さんは残念ながら夏目漱石を、苦手とされているようですので、
「先生と僕」シリーズをお奨めしたい!
(こちらで感想up済 http://tukito.sblo.jp/article/74006079.html

中原中也は、美しい言葉を書く人だけど……美しい世界観を表現できる詩人って
結構破綻者多いよねとか思っていたら、そのとおりでびっくりです
三角関係とか、写真についてとか初めて知りました
本当はこんな、黒目がちじゃないらしいとあるのですが…でも画像検索で見てみると
少年時代の写真も全部似たような雰囲気の美少年顔です
……写真写りが超良かったのか、何か写真では黒目を大きくできる技を知っていたのか…w

他にも太宰治に三島由紀夫、芥川に川端志賀直哉他、教科書や
文芸誌で必ず見かける、それでいて知らないネタ満載漫画です

大人になってからは、純文学系をほぼ読まなくなってしまったのですが
読み直したくなりました

←読んだよ♪かわりにクリックくださると嬉しいです

【送料無料】中原中也詩集 [ 中原中也 ]

【送料無料】中原中也詩集 [ 中原中也 ]
価格:546円(税込、送料込)

posted by SNAO at 10:52| Comment(0) | か行の作家