2016年01月24日

英国一家、日本を食べるEAST コミック版 感想 マイケル・ブース


NHKでアニメ化されていたのは知っておりましたが、パッと見て絵がシュール系のアメリカンコミックっぽいので、そういった展開なのかと見ずにいたのが残念です
イギリス人たちが、日本の食文化に色々挑戦しているコミックエッセイ

1Pに3コマ〜4コマ程度の絵しかないので、読み応えは薄いのですが活字版に興味を持てたのにはいいきっかけでした。
日本食…といっても、日本人でも食べたことないよ!というような内容が満載で、新宿思い出横丁でいきなり初めての夕食だとか、料理番組で有名な服部さんが「日本一」と押すような名店で食事とか、ヨーロッパ系の人にはタブーらしい、くじらを一家で食べてみようとか、チャレンジャーな面が色々
ちょっと疑問に思ったのが、味の素シンドロームは随分前に否定されてるのに、どうして現代の今頃それを信じてしかも確認せず、味の素会社へ質問に行こう…などと思ったのかの点でした
ジャーナリストとしても、仮に料理を学ぶ上の料理人としても、ネットのある時代調べればワンクリックでわかるのに…

私の好物のヤゲン(ナンコツ)なんかも、食べなれないと白いプラスチックの薄いの…みたいな認識になるというのは、異文化の人だから想像する感想で面白かったです

文章版のほう、探してみようかな
さっきも書いたのですが、読み応えは薄いので文庫辺りで手軽な値段で売ってくれたら、もっとありがたい一冊
posted by SNAO at 14:58| Comment(0) | ま行の作家

2015年04月18日

ご当地あるあるワイドSHOW もぐら 感想



「うちトコ」ことうちのトコではで、一定客層には人気があるもぐらさん
(少女マンガとか読まない人は、あまりご存じないのですが貸してみると
よろこばれます)

の今回は投稿者ネタを4コマにしたというものです

一般的なまとめというよりは、個人的なものもあるようで
そこの地方ネタでも「…あれ、私そこすんでたけど知らない…?」と
いうのもありましたが、基本はうちトコに似た感じですね

ただあちらがキャラクターがいきいきと、性格を固定化されて
動いているのに対し、こちらは投稿ネタだからやはり少々大人しめ
たまーに地域の方として、うちトコキャラが出てるのがご愛嬌ですねw

ラストに、どうしてご当地ネタを好きになったのかは
オリジナル設定からはじまったとあるのですが、色々シュールw
設定としてはありそうなだけに、ドライな部分が印象的です

余談ですが、LINEスタンプ販売されました
よろしければ、ご覧いただけるとうれしいです

mihon.png
国内版はこちら https://store.line.me/stickershop/product/1076959/ja
海外版は(LINEsticker Overseas edition)http://line.me/S/sticker/1076954で販売中
posted by SNAO at 23:14| Comment(0) | ま行の作家

2014年11月07日

蜜ドキパルフェ 美川べるの 感想



ミカベル作品を初めて手にしたという、女性読者さんだったら恋愛要素込みのギャグということで、読みやすいかもしれません
ゲーマー時代の本からのミカベル好きという方には、この作者さんの女の子キャラは恋愛要素が絡まない方が楽しいなと言う人が多いかも

…恋愛が絡まない女性キャラは、すごくバリエーション豊かなのに、恋愛がからむキャラはツンデレか、恋愛対象至上主義化のどちらかで、なんとなく動きが読みやすいという気がするので…

ノリとしては、青春ばくはつ劇場シリーズの女の子主人公が、少女マンガ風のリリカルな絵になって、でも基本行動は似ている…ちょっと周囲の常識を気にする点が異なるという感じでしょうか

ミカベルさんの本で、おすすめは?と聞かれたらこの本に関しては、『まかまか』よりは…という位置になります。
余談ですが私のおすすめ1位は圧倒的にストプラですが、リリカル系漫画好きの友人には「面白いんだけど色々読むのに体力削る」そうなので、そういった人にはこちらの方がお勧めかも(笑)
posted by SNAO at 12:23| Comment(0) | ま行の作家