2016年10月16日

蟲師1-10巻完結 漆原友紀 感想


私にしては珍しい、確かアニメを見てから全巻購入した本でした。
(原作を友人の家や雑誌などで見かけて、読んではいたけど当時コミックは買ってなかった)

漫画の感想前にアニメ感想というのも邪道ですが、アニメの雰囲気は風景や静けさ、あまり名前の知らない声優さんでも雰囲気ぴったり(後で調べたら、その雰囲気を出すために当時アニメ方面で有名な声優さんではなく、俳優や子役の人をキャスティングされていたのだとか)背景が美麗で特に緑が美しく、英語の主題歌なのにイメージ崩れない…と、すごく素敵な作品でした。

物語は「一部特殊能力がないと見えない蟲」によって、巻き起こる事件や事故をふらりと旅をして廻る主人公ギンコから見た物語。
蟲=現代人の感覚でいうと、ウィルスや細菌と言ったイメージかな?
人の目には見えないけれど、確実に人に害を与えたり、知らぬ間にものを腐食させたりと言った影響力をもっている。

人の喜びや悲しみ、ハッピーエンドだけでは終わらない切ないものも多かったのですが、後味は悪くなく困難を乗り越えていく一般の人間の強さというものが、どのお話からも伝わってきます。

全10巻なのですが、基本1話完結で、ラストもギンコ(主人公)の放浪はまだ続くといった雰囲気ですので、いつか再開しても素敵ですね。
ちなみにアニメは1期と2期、5年以上空いての放送だったとか…。
珍しいパターンな気がします。


蟲師をベースにしたアンソロジー↓
書籍紹介で作品タイトルだけ見ると、現代風のものが多いので、どんなんだろと気になります

posted by SNAO at 12:09| Comment(0) | あ行の作家

2016年07月20日

鬼灯の冷徹1〜20巻(以下続刊) 江口夏実 感想

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

鬼灯の冷徹(22) [ 江口夏実 ]
価格:596円(税込、送料無料) (2016/7/20時点)



もう22巻まで出ていたんですね、すみません最近帰宅ルートに本屋がないもので、うっかり20巻までしかチェックをしておりませんでした。

元人間のはずだけど、生粋の鬼より閻魔大王よりドS(本人は否定)な補佐官鬼灯様が主人公の地獄爽快物語。
通常こういった男女が入り混じったお話って、どこかでラブ要素が絡んでくるものですが、気持ちいいぐらいにこの巻まで来ても、そういった雰囲気がありません。
(お香さんとマキちゃんはほのかーーーなフラグがなくもないような気はしますが、乙女ゲーの最初のフラグ段階レベル)
幽霊もミイラも、サタンもベルゼバブもすべてを恐れぬ鬼灯様の、わが道を行くお話ですが、人間臭さも多分に持っていて、有名アイドルの電話番号を知れそうだったら素直に教えてくださいというし、美人らしい…転校生ならぬかぐや姫が来たら、それを見に出かけちゃうというところもあり。

優等生っぽいキャラの一般的見方や、うさぎやわんこ、猿に雉とそのそれぞれのキャラが立っていて、鬼灯様がいなくても楽しいお話になっているのはすごいの一言。

一話ごとに基本完結しているので、多分巻の途中から読んでも(一部人間関係は不明に感じるかもしれませんが)楽しめる一冊です。






posted by SNAO at 21:47| Comment(0) | あ行の作家

2016年03月13日

萌えの死角1〜4巻 今市子 感想

萌えの死角(4) [ 今市子 ]

萌えの死角(4) [ 今市子 ]
価格:802円(税込、送料込)


大きいサイズで読みたい漫画…ではなく、気軽に手にしたいなあというエッセイ漫画なので、文庫版のほうがおすすめ
(私は1巻と4巻が大きいサイズなので一部重複しておりますw)
なんでこんな変な購入の仕方をしたかというと、数ページ程度の連載漫画なので、コミックになっているタイミングがあまり計れず、あまり店頭の平棚などに並ぶ傾向の作品でもないので、見逃しがちだったからっという…

先生は本文中になんども「私申請の腐女子じゃないんだわ〜!」みたいな苦悩を叫ばれていますが、普通の人とは一転してるアンテナ、どうみても腐女子です本当にありがとうございます(笑)
むしろふつーに見ていたドラマを、先生視点のエッセイ漫画を読んで「あ この人たちカップル扱いなの!?」ってなったりとか色々でした
流行ジャンルには疎いということですが、ドラマ系のアンテナはバッチリだと思います
(【相棒】のピルイーターとか、相棒シリーズ全然見てないのに思わず見たくなってしまいました)

流行ジャンルに疎いということで『今流行の黒子のバスケはどんなのか』
色々ハンデがあって、バスケを行うには恵まれていない主人公(ここらは合ってる)
その彼を助けるべく、黒子役の(本当に舞台上の黒子役をした別人物がいて)ヒカルの碁の佐為のように助けてくれる
しかしそのうち「彼の助けはいらない」という主人公
一方黒子役の彼(実は美形)も自分自身の力でバスケをしたくなり……
……読んで見たいなwwとなります

腐女子向けエッセイとなっておりますが、ハードなネタはなくむしろそういった生活をしている人たちの小話っぽいものが多いので、百鬼シリーズが平気な方なら多分大丈夫では……
オタク文化に理解ある方なら、普通に楽しいシリーズでした(まだ続いてるようです)

百鬼夜行抄(24) [ 今市子 ]

百鬼夜行抄(24) [ 今市子 ]
価格:820円(税込、送料込)

posted by SNAO at 15:18| Comment(0) | あ行の作家