2016年10月11日

ましろのおと1-8巻 感想(以下続刊)


現在は16巻まで出ています

はっきりとは書かれていないのですが、1-8巻が1部という雰囲気で9巻からが2部という感じ
今回は学生としての活動がメインになってる1-8巻の感想です。

実は漫画の中身を知る前は「ましろ・のおと」みたいな可愛いほんわか少女マンガなのかしらと思っておりました、その後本編を知って「ましろの音だったのか」と呟いたりしたのですが、カバーしてて気がつかなかった1巻の拍子折込部分に「ノート」と「音」の両方の意味があると書かれておりました。

世に出ぬ天才津軽三味線演奏者だった爺さんに育てられた主人公
(母はいるけど、母親らしさは微塵もなく歪んだ家族愛はあるけれど金と自分のプライド優先という雰囲気)
自覚はないが、天才的な能力を持ちながら、祖父と同じように別に世間に認められなくても…というスタンス

ただすぐれたその演奏を聴けば、誰もが主人公を大会やら、きちんとした演奏会に誘い出したくなる腕前で、本人も無意識に三味線をしたくなる…という日常やり取りが色々あり、東京の高校に転校したことから高校三味線甲子園に出場

優れた演奏だけど、「天才独自」(祖父)の演奏と、「主人公独自」の演奏がミックスしきれておらず中途半端と評価はなかなか辛めにうける
それでも全国三位はなかなかのもの…と周囲は思うけれど、主人公は「自分はこれから三味線で食べていく」と高校を退学してしまうところまでが8巻です。

もともと花とゆめといった少女マンガ出身の作者さんですが、代表作の『赤ちゃんと僕』も『しゃにむにGO!』も男性でも読める少女マンガとして上げられることが多い、ちょっと骨太(女の子はむっちり可愛い系が多め)の男性が主人公の作品ですので、こちらの少年誌連載でもまったく違和感がありません

また、三味線というのもあまり漫画で取り上げられることのすくない分野ですので、いまいち曲なども脳内で展開しにくいのですが、観客の反応が音=情景として画く という形なのでわかりやすく、三味線に興味を持てます。

メジャーな題材…とはいい難いのですが、天才型主人公の天才としての苦悩や、世間知らずっプリ、要所要所に出てくる魅力的なキャラクターと三味線を知らなくても、むしろ興味を持たせてくれる漫画です。
posted by SNAO at 19:07| Comment(0) | リンク

2016年09月09日

「弱虫ペダル SPARE BIKE」映画感想

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

弱虫ペダル GRANDE ROAD BREAK TIME FIGURE 巻島・東堂
価格:3024円(税込、送料別) (2016/9/9時点)


映画、弱虫ペダル SPARE BIKE行って来ました〜!

初回の朝一、二日前の0時から座席確保の為スタンバって正解
30分後ぐらいにはいい場所埋まってました
当日は多分空席なかったような

映画宣伝で鷹の爪がなくなってたのは残念です
そして弱ペダ観客向けなのか、アニメ系が多かった(たまたまか?)
しかしながら思ったのは
亜人完結編←完結編を劇場で!ってやりくちは正直あまり好きではない
デスノート←6冊のデスノートでって辺りで、もう世界観どうなってんの
GANTZ←フルCGだけどアニメっぽさ抜けないならアニメで豪華背景とかの方が見ごたえありそう
…いやそれぞれケチをつけるつもりではないのですが

原作(ゲームやアニメ)知らんのですが、艦コレの宣伝が一番音楽の緊迫感と迫力があった気がします。
東堂の後姿から上映開始!!
もっこすのどどーーーん!!とかあったので、どっかに出番あんのかなーと思ったけどここだけ!
あ、ネタバレになって恐縮ですが缶バッチのキャラとかで金城編の先輩とか石垣くんとかいた気がしますが、OPにちょっくら出てるか、EDにちょっくら映るかのみですよ…
これはさすがに…ファンの方に餌扱いかと思われてしまう扱いなのですが…ポスターにあの並びだったら、台詞とか期待するよね、光太郎くんに至っては、私が感想にメモ取るのに精一杯だったから動体視力がおいつかなかったからか、どこにいたかすら解りませんでした
(多分もっこすの前後あたりにいたのかと思う)

映画は巻ちゃん高校デビュー編→東堂気に行ったよ(リドレーは商品名だからか発音されず)編→巻ちゃんTIMEならぬTAIMAとの出会い編の三本立てに、荒北ミニ劇場が入ります

ブログ書き手が東巻派なので、一部感想が偏るかもしれませんのでご容赦ください

あ、上の某先輩と石垣くんよりは扱いマシですがフクちゃんと新開の出番を期待して出かけると、むむむとなりますので、あらかじめお覚悟くだされ
(一応…台詞は…あったよ…という程度だと思っていれば…)

♪春〜ショうらーらーショ〜♪
浮かれてるゆうしゅけ…かわえええええ
笑顔を見せて、周囲が「ひっ」となるのを(オレ認められてるっショ!?)って浮かれちゃう天然さんなんなんですかその可愛さは!!
そしてその後のゴタゴタで全否定されて、真っ暗しょぼーーーんとなっちゃう落差も無垢すぎて
「誰か〜ーーこの子を!保護して!!」と訴えたくなるレベルじゃね!?と思っていたら、ものすごい理解して受け止めてくれるスパダリのような先輩が出てきてどうしようかと、まったく。

いやいや否定しちゃう二年生も、普通に見たらいい先輩…なんだよね…。
巻ちゃんが特殊すぎるだけで、うまく伝えられないコミュ障寸前な様子でノボりも独特
「オレ達が何とかせねば!!」ってね…。
でもでもお互いかみ合わず、口をぎゅっとして泣きそうな巻ちゃん。
人との会話を臆するけれど、認められたくて自由でいたくて、でも色々伝えられない…あれ、それなんて少女マンガの奥手主人公。敬語喋りが拙くて、ああああああかわいいいいいい。

ところで巻ちゃんのサイジャ、あれお尻部分たってたらハートのピンクっぽくなりませんか、巻ちゃんのフォームでハートのピンクのお尻ってヤバくないですか
そして「正」の文字だけで巻ちゃんの仕業と見抜いたスパダリ寒咲先輩、貴方何者ですか。
東堂さんですら……あれ?東堂さんならできるかな、うん。

「抜いて…いいんですか…っショ」
のあとのダンシングは、鳥肌モノに迫力でした!

東堂編は冒頭部ピンナップヌードの、カラーの迫力のすさまじさ…
いやもう、すごいです色々と、いや本当に
自分が旅館の息子であることに、誇りを持ってる若旦那の言動はひいき目無しに男前でした
糸川くん…かわいいなああ、坂道属性というか、素直なわんこ系というか…東堂があっさり坂道受け止めたのは彼の影響大きそうだ
何をやってもすげーすげーと尻尾をぶんぶん振って「でもお前モテるからムカつく!」…かわええ

山神劇場、昼間の明るい時間から始まって、夜夕暮れタイムまで続いたのか…
「寝るな!」
「実はちゃんと全部聞いてました(アハッ)」
そして真波よ…東堂をあいかわらず手玉に取っていて恐ろしい子…

そしてこの後また、巻ちゃんタイム
元々のってたGIANTからTIMEに乗り換える巻ちゃんのお話
余談ですがTIME…じゃなかったTIMA(これだと撥音タイマになるのかしら)の擬人化などはよくみかけるので、どなたかスーパー買い物号の擬人化お願いいたしますw

巻ちゃんの乗り方は負荷が大きすぎて、日々入ったフレーム
「でもオレはコイツと一緒に…」とダンシングを封印して、そのロードに載り続けているのだけれど、ある時自転車屋さんで見かけたTIMEのフレーム
一目惚れ!→しかもそれは憧れの先輩のお店でした!!お店に入れるようになるまで、ずっと前をうろついていたよ、それなんて乙女ゲー!?
そして憧れの某先輩、TIMEのあのフレームって50万前後しますよね!?(ネットで調べた時は参考価格60万)…あれ、ひょっとしてあれかデート商法かと疑ってしまう流れになってしまいますよ、このお値段!
TIME…じゃなかったTIMAのフレーム見た巻ちゃんの感想
「細くて…しなやかで……」←ここだけ見て、そっと触れる巻ちゃんを編集したら東堂さんに1万円でも売れるに100巻ちゃん

そしてまたしても、ミにレースでトップをとった巻ちゃんに寒咲さん
「どうだ、そのフレーム?」
「素直です…オレに似て…」
「そんなに曲がってねーよ」
あああ、甘酸っぱい…
余談ですが、原作のスペアバイクの金城は、若さいっぱいでしたが今回の金城は通常の金城の髪が短くなったなあ程度でしたような…田所っちは3割がた細い
「あの…金城…怒鳴って悪かったっショ」
「いいんだよ!オレはむしろ君の心の声が始めて聞けてうれしかったよ」
…ええ子や…ほんまええ子や…
いい大人なのに、身近に親切心で声かけたら怒鳴り返してくる相手に、こんな優しい態度取れないです私。

荒北ミニ劇場の「人間のしっぽは、ここにあるんだよ!」と自分のリーゼントをネコ相手にさす場面で思わずプッとなりました ネコ可愛い
どうでもいい話なのですが、リーゼントって横に撫で付けた部分であって、あのもっさり膨らんだ部分はポンパドゥールって言うそうなんですね
ツイッターで知った知識でした

今回は残念ながら東巻の会話はありません!EDのラストで二人が並んでいるぐらい…
DSCF2328.JPG
ドリンクが限定カップ販売あり でもこれ、チケット引き換えに直行して店に並んだら、気付けない箇所にあるかも…
posted by SNAO at 22:27| Comment(0) | その他/日記

2016年07月30日

花巡礼 河惣益巳 文庫上・下巻感想



好きな作家さんなのですが、この本ばかりは何度読んでも最後の意味がわからず、意味がわからない故に何度も読み直すという事を繰り返していた本。

しかし先日、そのラストの謎を解明してくれていたブログがあって、ものすごく納得できましたありがとうございます!!偶然たどり着けたので、リンク貼りたかったんですが、見つからない…。
でも河惣先生の漫画を色々紹介されていたページでした。

物語は「アテキーヌ」という地方の領主でかつフランス王や再婚で英国王と結婚した女性を軸に、その女性の妹分的存在の架空の女性が主役。
物語は三代に渡り、その妹分・その娘・その娘までが主人公。
ちなみに孫の代になっているのに、軸のアテキーヌ女領主、80歳過ぎてもめっちゃ活躍されています
上司にほしくないけど、好きだわこの婆さん…と思う派手で快活、自分が正義の女性です。

二代目主人公までは、まあ普通に恋愛要素と実在の歴史的人物をうまくかみ合わせ、進行もスムーズ。

三代目になって、急遽物語が折りたたまれて、…折りたたまれすぎて、「なんでフランス王の息子を産んだら名前を残したことになるのか」が全然解りませんでした。
(王子を産むのは確かにたいしたことだけど、どの人間もやってることだから別に名前を残すって意味にならないしなあと)

が、これは実は軸となっている女性のいつも傍に居る美形の神父(あれ?牧師??)
が暗躍しその視点で考えると、納得できるというお話でした。
キリスト教を中心に動く世界→アテキーヌの血を引いた娘がフランスへ嫁入り 
アテキーヌの血が残る←納得
名前……結婚した女性ぐらいで名前は…残ってるか?となったのですが、ここでは「キリスト教視点で、名前を世界に残す」
三代目主人公の生んだ息子が、フランス王家で唯一聖人認定された人物→キリスト教を中心とする世界で永遠に残る名前になった

…あああ、学生の頃から、最後全然わからんと思っていたのが、まさかこの年齢でスッキリできるとは!
この部分、ラストに一言息子は死後、聖人認定されたとあるだけでも全然違うだろうに…!

物語と主人公としては初代のロミジュリ的な二人が、素直可愛くて好きです。
あ、このお話ジェニーシリーズの傭兵さん達が、何気に十字軍の軍人として出ていますので、お好きな方は探してみてはいかがでしょうか




posted by SNAO at 20:55| Comment(0) | リンク